スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

老人性認知症疾患治療病棟 - 介護施設・介護情報なら介護の安心ガイド

老人性認知症疾患治療病棟. 2009年12月12日09時00分. ソーシャルブックマーク. 印刷. 「老人性認知症疾患治療病棟」とは、痴呆性老人で自宅や他の施設で療養が困難な人を対象にして、短期集中的に精神科的治療とケアを提供する施設のこと。 次の記事
12月8日に、チェンライ市警察にアメリカ老人からタイ人妻に金品が盗まれたとの訴えがあった。訴えたのは市内ロープウィアン地区に住む67歳アメリカ老人のアルフレッドさんで、11月6日~23日の間に、タイ人妻が銀行預金から495000バーツを勝手に
08年12月12日、大庚会・老人ホーム松涛、高橋病院ゆとりろ. 今日、函館は雨です。昨夜来の雨がまだ降り続いております。 雪にはなれないようです。 08年12月12日(金曜日)は、とてもよい天気でした。 結局この中国からのお客様が函館へ滞在
riibs-iwataのAmeba AgeLess 現役老人の記事、もはや菅副総理に期待するしかない?です。
ゴミのことで視察、尾道市役所前は海でした。潮の香りのする役場でした。 昨日、映画
こんにちは、戸ヶ崎老人デイサービスセンターです。 昨日の冷たい雨とうって変わり、今日は暖かくなるようですね。 さて、当センターでは、12月7日より浴室の改修工事のため、 入浴サービスを中止しております。 その代わりのサービスとして、老人福祉
老人性認知症疾息センター. 2009年12月11日09時00分. ソーシャルブックマーク. 印刷. 「老人性認知症疾息センター」とは、専門医療相談、診断・治療方針の選定、救急対応、地域保健医療・福祉関係者への技術援助等を実施する場所のこと。 次の記事
自分の関心あるモノについて、ジャンルレスで支離滅裂ですが、完全に独断と偏見で好き放題徒然書きなぐっております.
住友林業株式会社(東京都千代田区、矢野龍社長)のグループ会社で有料老人ホームの経営を手がける株式会社フィルケア(横浜市緑区、梅木孝範社長)は、介護付有料老人ホーム「グランフォレスト神戸六甲道」(神戸市灘区)を2010年4月に開設すると発表
ゆず風呂準備中 ~ 白河市中央老人福祉センター(白寿園). 白河市社会福祉協議会では、12月22日の冬至にあわせて「ゆず湯」を準備中です。 冬至だけに「湯治」とかけたという話もありますが、 たしかにゆず湯であったまりたい季節になってきましたね。
スポンサーサイト
by ととみ  at 14:51 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

チェンマイ・田舎・新明天庵だより: アメリカ老人が金品を盗んだとタイ ...

12月8日に、チェンライ市警察にアメリカ老人からタイ人妻に金品が盗まれたとの訴えがあった。訴えたのは市内ロープウィアン地区に住む67歳アメリカ老人のアルフレッドさんで、11月6日~23日の間に、タイ人妻が銀行預金から495000バーツを勝手に
「御言葉?信仰という名のもとに、一方的に語る説教者。 それなら、皆で順番にみことばを読むほうがよほど皆がさんかしたことになると思うのだが・・・ 皆が喜んで、涙を流して歌う老人ホームに行って、教会の礼拝もこうればよいと思った日であった。
老人性認知症疾息センター. 2009年12月11日09時00分. ソーシャルブックマーク. 印刷. 「老人性認知症疾息センター」とは、専門医療相談、診断・治療方針の選定、救急対応、地域保健医療・福祉関係者への技術援助等を実施する場所のこと。 次の記事
実は「得意不得意」の考察で書いたのですが、わたしはおしゃれが大の苦手なので、これでは理想の老人にはなれないと危機感を感じます。ドキターAKIには「もっと周りの人の服装とか色使いに関心を持つべき」とよく言われます。すぐには変われないとは
【白老人】 これは、「はくろうじん」と読みます。 白老人とは、物語の名です。 白老人の物語は、江戸時代に天狗の世界と行き来した「寅吉」と言う霊能者が、天狗の世界で聞いた物語です。 ストーリーは、西遊記に似ています。
自分の関心あるモノについて、ジャンルレスで支離滅裂ですが、完全に独断と偏見で好き放題徒然書きなぐっております.
住友林業株式会社(東京都千代田区、矢野龍社長)のグループ会社で有料老人ホームの経営を手がける株式会社フィルケア(横浜市緑区、梅木孝範社長)は、介護付有料老人ホーム「グランフォレスト神戸六甲道」(神戸市灘区)を2010年4月に開設すると発表
バイオリンを弾かなくなってずいぶん経つ数学教師・中島が、梅が岡フィルハーモニーの演奏を聞き楽団への参加を申し込んだら、勘違いで老人ばかりの梅が岡交響楽団に参加することになってしまう話。 間違いに気づいて抜け出そうとするものの、ずるずると
風吹けば桶屋が儲かる、という諺もありますが、特別養護老人ホームには傍若無人なのです。当然のことながら、特別養護老人ホームを分配していないということは、問題です。言い過ぎになってしまうかもしれませんが特別養護老人ホームが比較的、グロリアス
数百の蘇州市民の前で、日中の老人が若者に負けないほど演出した。ステージ裏で一部終始をみて感じたのは本当に日中間の隔たりを感じず、両国の老人がステージを楽しんだ。ボランティアした蘇州大学の女の子は「老人がこんなにステージを楽しむことが想像
by ととみ  at 02:41 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。