スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

読書日記 『老人賭博』

『老人賭博』 文芸春秋 松尾 スズキ (著) 北九州市のあるさびれた商店街で、映画撮影のため集まった地元のエキストラと三度の飯より賭博好きな映画関係者がおりなす悲喜こもごもの人間模様。この小説は芥川賞候補にもなったようだ。
よっしー(介護老人保健施設秋篠)の介護老人保健施設秋篠☆ゆかいな仲間たちの記事、たこ焼き提供です。
奈良県生駒郡平群町の介護老人施設について。 住み心地の基準は年齢と共に変わってきます。近年、元気なうちに有料老人ホームや、高齢者向け賃貸住宅、シニアマンションに住み替えを希望するシルバー世代が増えてきました。これからの時代「シニア向け
ある山へ子ども数人で遊びに行った帰り道、見知らぬ老人が道脇に座っている。 お辞儀をしてきたので、警戒しながらも返すと、老人はにっこりと笑う。直後、後ろから物凄い音がした。 驚いて固まる子どもたちを避けるように、突然木が老人の座っていた場所
なお、ご連絡いただければ取りにお伺いいたしますので、よろしくお願いいたします。 *古タオル、バスタオルは不可。 <連絡先> 特別養護老人ホームみかど荘電話044-766-0511. 地図. 特別養護老人ホームみかど荘
わが国の高齢者介護は、1963年に老人福祉法が制定された以降、70年代の老人医療費の無料化、80年代の老人保健法の制定、90年代の福祉8法の改正・ゴールドプランの制定など、人口の急速な高齢化が進む中で、時代の要請に応えながら発展してきた
社会福祉法人西北会特別養護老人ホーム道の花の園は、ショートステイ・デイサービス等のサービスを行っている、茨城県土浦市にある老人介護福祉施設です。
「空き巣ねらいの怪老人、ではない。独り暮らしのお年寄りのことだという。雛(ひな)が育って飛び立てば、巣は空っぽになる。一人っ子政策の影響などで高齢者だけ残される世帯が増え、かの大家族の国でも社会問題になっているのだという。
フィリピンの日常や、旅行記、人、観光地、ビジネス、 出来事等を記録します。
多分、痺れかとは思ったが、それにしても何時間も麻痺した腕を身体の下に敷きっぱなしにしたのは、老人ホームのスタッフの責任問題だし、その麻痺した痛みを解除するために私が頼んだのは母が痛い思いをしないため! 左腕は動かさなくても体位移動は可能
スポンサーサイト
by ととみ  at 18:11 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

老人賭博 - Various Diaries

松尾スズキ氏の『老人賭博』読了。 一応、この前の芥川賞候補になったとか。 顔面の内側が崩壊するという奇病に掛かった金子堅三。 整形手術を受けて、借金をするはめに。 一日12時間働き、なんとか借金返済出来そうなころ、働いているマッサージ店に脚本
ある山へ子ども数人で遊びに行った帰り道、見知らぬ老人が道脇に座っている。 お辞儀をしてきたので、警戒しながらも返すと、老人はにっこりと笑う。直後、後ろから物凄い音がした。 驚いて固まる子どもたちを避けるように、突然木が老人の座っていた場所
フィリピンの日常や、旅行記、人、観光地、ビジネス、 出来事等を記録します。
健康増進施設井頭温泉が正常に稼動していれば、今日は自治会主催の井頭温泉招待事業で、温泉に入りお昼は美味しいご飯が戴けるはずであったが温泉の不具合で老人クラブ年間計画の根本山憩の家に行って来た。 今日の参加クラブは8クラブ、村部の4クラブ
あぁ~ 老人ホーム方角違うわ ? 2010-01-26 22:40:51 | 日記. おまん みな勉強しとるところで いややわぁ~ あれ いったらいかん いわれとる ひっぱらんとってぇ~. コメント (0) | トラックバック (0) | この記事についてブログを書く
アラーキーがつくった、恋する老人たち、はやっぱりいいなぁ。 くじらを始めて、曲をつくっていくうちに、気付いたら曲のほとんど(というか全部?)が友人宛のものでした。フィレオをやっていたころはおもむろに女の子に向けてでしたが(笑)
今日は、山科中央老人福祉センターでの将棋教室において、このところお顔の見えないIさん、Tさん、Yさんの近況をお聞きして、毎日のように、あちこちと出歩き、将棋普及活動ができる健康のありがたさをあらためて意識しました。大盤解説は、いつもの
クルス・ミネルヴァのブログです。 自分が気になる事なら何でもやります。 感想やTBは容赦なく出して下さい。 混沌と勇気日記。 ~混沌と -
2010冬、東海大と人間環境大でと東京女子大の学生一緒に過ごす一週間.
わが国の高齢者介護は、1963年に老人福祉法が制定された以降、70年代の老人医療費の無料化、80年代の老人保健法の制定、90年代の福祉8法の改正・ゴールドプランの制定など、人口の急速な高齢化が進む中で、時代の要請に応えながら発展してきた
by ととみ  at 06:01 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。