スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

社会不適合者 TJ の独り言 老人へ出来ること

こう見えても老人には優しいとこもあるんだぜ っと断じて若い女性へ対してのイメージアップを図った発言ではない事を追記する また別の老人(♂)から声をかけられた 何だか今日は老人感謝デーのようだ この老人も昔からよく知ってる近所のジジイだ
老人党公式サイト(第3期) 老人党は、作家・精神科医のなだいなだが提唱して立ち上げられた、インターネット上の仮想政党(ヴァーチャル政党)です。 当サイト掲示板は、老人党の目的実現のために、政治や暮らしについて意見を述べ合う交流の場です。
理美容業界誌の編集者がつづる、理美容業界のアレコレ。取材で聞いた話などが中心です。決してエロブログではありません(汗)。 (理容 美容師 美容)
riibs-iwataのAmeba AgeLess 現役老人の記事、温暖化懐疑論への金の流れについてです。
顔シミまみれだしメガネムカつくし唾液クチャクチャうるせーし、マジでなんなの?なんで迷惑行為ばっか犯すんだ?身体くっつけてくるし、老いぼれになるくらいなら早めに他界した方がマシだし。老人ホームで働いてる連中の気持ちが知れてるな。
介護最大手のニチイ学館の100%子会社「ニチイケアパレス」(本社=東京都千代田区)は5月1日から、神奈川県内にある介護付有料老人ホーム5施設の入居一時金を6割から7割程度引き下げた。同社は中価格帯のホームを中心に運営しているが、ここ数年で低価格
老人福祉センターは無料または定額で老人に関する様々な相談にのったり、健康増進・レクリエーションのための機会などを提供する施設のこと。標準型のA型、保険関係の機能を強化した特A型、A型の機能を補完するB型の三種類がある。
riibs-iwataのAmeba AgeLess 現役老人の記事、シェルパたちのエベレスト清掃登山、「死の領域」で遺体を収容です。
riibs-iwataのAmeba AgeLess 現役老人の記事、中国の民間企業、「旬は3年」のワケです。
riibs-iwataのAmeba AgeLess 現役老人の記事、『明星』怖い素顔に迫る あかつき、金星探査へです。
スポンサーサイト
by ととみ  at 18:22 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

熟年大学の講義 が終了後、老人大学園芸環境研究会のか たがたが来て ...

園芸研究家(園芸家) 富山昌克(トミー)が日々に感じたことや書き留めておきたいこと。
介護最大手のニチイ学館の100%子会社「ニチイケアパレス」(本社=東京都千代田区)は5月1日から、神奈川県内にある介護付有料老人ホーム5施設の入居一時金を6割から7割程度引き下げた。同社は中価格帯のホームを中心に運営しているが、ここ数年で低価格
老人ホームを選ぶ上で、老人ホームの経営状況を把握しておくことは、とても大事です。残りの人生を暮らすことになる老人ホームですから、注意深く選ぶようにしましょう。せっかく入居したのに、経営する会社が倒産してしまい、ホームを退去しなくては
老人給食. 今日は、5月初めての老人給食です。 あつあつのお弁当をお届けできて満足してます。何軒かの家の前で天気に誘われて待っててくれていました。 美味しいうちに食べてください。 魚に肉に野菜といっぱいです。 Posted by 宇多津ボランティア at
顔シミまみれだしメガネムカつくし唾液クチャクチャうるせーし、マジでなんなの?なんで迷惑行為ばっか犯すんだ?身体くっつけてくるし、老いぼれになるくらいなら早めに他界した方がマシだし。老人ホームで働いてる連中の気持ちが知れてるな。
「荒木 経惟」写真集、作品紹介。写真家、荒木 経惟の過去の作品から現在まで荒木 経惟の写真集作品を紹介します。日本で有名な写真家、浅井慎平、荒木経惟、篠山紀信、木村伊兵衛、土門拳、秋山庄太郎の作品も紹介.
老人福祉センターは無料または定額で老人に関する様々な相談にのったり、健康増進・レクリエーションのための機会などを提供する施設のこと。標準型のA型、保険関係の機能を強化した特A型、A型の機能を補完するB型の三種類がある。
1) 説明会について 府社協 「就職フェア」 'みやこめっせ'にて 6月5日(土)12:30~16:00 2)
特養の定員を増加させ、「待機老人」を減らすのが狙いだ。 「待機老人」とは、特養に入居を希望しながら入れない待機者を指す。保育園に入れない子供を「待機児童」と呼ぶが、待機児童4.6万人に対し、待機老人は現在42万人にも上り、増加の一途をたどって
ぼくは肉体的にはずっと貧困のままきたが、その半面、妄想力方面の分泌量は豊富ではないかと思う。貧困だから豊富なのかもしれない。想念が胸でたぎっているから、口だけはどんどん助平になる。これも持病だな。以上、老人の病気自慢。
by ととみ  at 06:11 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。