スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

地域の覇気取り 戻せ 南種子町・下中に老人クラ ブ復活 : 南日本新聞 ...

南種子町下中地区に2年ぶりに老人クラブが復活した。同地区は高齢化率が40%を超え、町内8地区で唯一活動を休止していた。有志が「地域の覇気を取り戻そう」とあらためて会員を募り、地区高齢者の約4割に当たる37人が加入した。
食欲のある老人! 2010年07月11日 14:53. カテゴリ. 大阪の親は75歳食べる たべる・・・ 父は朝、ホテルで出されたパンが3つ、追加して合計5つ峠の釜めしも私の残したご飯も食べデザートとして「力餅」を一人2個づつ。 とんかつも自分の分以外にも母
参院選の投票日が近づくにつれて、どの政党も公約にうたっていない政策が注目を集め始めた。私のブログで今月、最大のアクセスを集めたのは、2月の「老人支配の構造」という記事だった。リンクの元をたどると、Yahoo!の参院選特集の「世代間格差」という
江戸時代後期の公儀儒官を務めた佐藤一斎は、言志四録の中で老人の養生につい. て説いています。 「児孫の団集は養を成し、老友の聚話(しゅうわ)は養を為す。 凡そ吉慶事を聞けば、亦皆養を成す。」 老人の周りに子や孫が集まってくることは、大いに
江戸時代後期の公儀儒官を務めた佐藤一斎は、言志四録の中で“老人の養生法”. について説いています。 「老人は速成を好む、戒むべし。こう便を好む、戒むべし。 憫恤(びんじゅつ)に過ぐ、戒むべし。 此の外、尚お執拗・拘泥・畏縮・過慮の数件有り。
江戸時代後期の公儀儒官を務めた佐藤一斎は、 holyhealthのブログ. 言志四録の中で“老人の養生法”について説いています。 食養生は事の外大切ですが、佐藤一斎は日々の生活を送る上で、老人が希望する. 養生のポイントを取り上げています。
江戸時代のご老人の身長は150cm程度で、体重を平均50kgとするとBM. Iは22.2となります。理想的な体重ですが、当時の食生活ではタンパク質の摂. 取量が若干劣っていてようです。 タンパク質の補給は大豆などの豆科植物、穀類が主で、動物性
イオリスの黒と白の世界 現実と理想の記事、杉並老人親子強盗殺人事件 控訴審 2です。
江戸時代後期の公儀儒官を務めた佐藤一斎は、言志四録の中で老人の養生につい. て説いています。 養生にも食から生活環境に至るまで、様々な対処がありますが、心の養生も欠か. せないと佐藤一斎は述べています。 心の養生は、養生の中でも一番大切なもの
神奈川県川崎市多摩区には、ニチイホームの運営する 介護付き有料老人ホームも見つかります。 小田急線の「読売ランド前」駅の近くには、 その名も「ニチイホーム読売ランド前」という施設があります。 駅から5分程度で行ける距離にあって立地条件もよい
スポンサーサイト
by ととみ  at 02:01 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。