スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

no title

そして、背骨の歪みからくる頭痛や腰痛を緩和してくれる効果も学習療法にはあるのです。
そうした時に学習療法を使用すれば、色々な改善効果が期待でき、腰への負担が軽くなって、ストレス減少の効果もあります。
そして、学習療法で骨盤を締めることで、股関節の可動範囲が広がって、下半身がしっかり安定する効果も得られます。
そして、内臓が正しい位置に戻って血流が良くなれば、内臓の動きも活発になるので、学習療法はオススメなのです。
内臓を動かす筋肉は沢山エネルギーを消費することから、学習療法の使用で、エネルギーの消費にもなり、それにより、体重も減って行く効果があるのです。
学習療法を巻き、1日1回3分の体操をすれば、骨盤を正しい位置へと導くことができるのです。
スポンサーサイト
by ととみ  at 13:41 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

no title

例えば、自転車のチューブや女性用のストッキングなどを数本束ねれば、学習療法の代わりになります。
そして、学習療法は、コルセットのように腰に巻いて使用するものではないのです。
いわゆる、帯状のゴムあるいは、伸縮性の素材でできた単純な形のベルトが、学習療法になります。

学習療法というのは、使用すればよいというものではなく、コルセットと同様、あまり使いすぎるのはよくないのです。
ほとんどの腰痛は、腰の筋肉の緊張と、その緊張から生まれる骨盤の歪みによって起こるとされています。
その使い方は、骨盤の出っ張ったところよりも少し下の脚の付け根部分に学習療法を装着するのです。
筋肉の緊張を和らげるストレッチと並行して、学習療法を使用すれば、骨盤の歪みを容易に矯正できるのです。
by ととみ  at 01:37 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。