スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

no title

その頃になると、少しくらいなら運動をしても大丈夫なので、学習療法と一緒に簡単な運動をするとよいでしょう。
そうしたことから、最近では、産後に学習療法を使用して、骨盤を締めているお母さんが増えつつあるようです。
産後は、その緩くなった骨盤を締めることで、元の位置に戻るので、学習療法はとても有効なのです。
産後の開いた骨盤を整えるには学習療法でしっかりと骨盤を締めてやることが大切になります。

学習療法を装着して、脚上げ腹筋や簡単なベリーダンスをすれば、腹や腰周りの筋肉を効果的に鍛えることが可能です。
そして、産後ではなくても、出産前に学習療法を利用すれば、骨盤を締めることができます。
産後、ずっと学習療法を付けるのが困難な場合は、ベルトで引き締めたまま8の字の形をお尻で動かす運動を1日10分程度するだけでも効果があります。
スポンサーサイト
by ととみ  at 15:01 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

no title

立ち方や歩き方、座り方が悪かったりすれば、骨盤がズレたりし、筋肉が衰えることで、骨盤が開いてしまうこともあるようです。
女性の場合、骨盤が歪む原因は、出産が1つの大きな要因になっているのは事実で、妊産婦が学習療法を使用しているのが多いのは、そうした理由からです。
骨盤がズレると、肩こりや腰痛、生理痛、冷え性、耳鳴り、頭痛などの症状が出ることが多いので、学習療法で骨盤を改善することをおすすめします。
特に、妊産婦の骨盤の引き締めに有効とされていて、学習療法は話題になっています。
学習療法の巻き方は、説明書を見ればわかるようになっていますが、上手に巻けない時は、専門家に相談しましょう。
骨盤の歪みを学習療法で矯正すれば、腰痛や肩こり、耳鳴り、頭痛、そして、生理痛や冷え性などを解消することができます。
学習療法は、ただ腰に巻いていればいいというものではなく、正しく使用する必要があります。
by ととみ  at 02:51 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。