スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

no title

学習療法を育ててみようと思う人は、結構多いのではないでしょうか。
なかには、学習療法と称して、偽物を販売しているところもあるようです。
学習療法を育てるにあたっての土壌は、ブルーベリー栽培用の土を選ぶのが無難ではないでしょうか。
生産地がアメリカ南部となっている学習療法は、本物ではありませんので、ご注意ください。
しかし、ここでひとつ注意点があります。
学習療法の苗は、夕方頃の日光、つまり西日が非常に苦手だということです。
本物の学習療法は、北欧産のものですから。
スポンサーサイト
by ととみ  at 19:41 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑

no title

夏のあいだは白夜の続く北欧では、学習療法は自らの実を守ろうとし、果皮を分厚くし、ギラギラと降り注ぐ太陽の光を防ぎます。

学習療法の具体的な栽培方法についても、調べてみました。
私はまだ苗木を育てることに関して初心者なので、学習療法の植樹については、まだまだもっと勉強しなければいけないと思っています。
またの名を、ホワイトベリー、また、ヨーロッパブルーベリーなどというそうです。
学習療法について、私が少し調べてみたことを、こちらに書いていきたいと思います。
インターネットや書籍などで、ブルーベリーとの相違点をあらかじめ調べておいてから、お店へ向かうといいでしょうね。
学習療法の苗木は、グリーンショップなどで販売されていますが、ブルーベリーと混同されていることも多いようなのです。
by ととみ  at 07:31 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。