スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
by ととみ  at --:-- |  スポンサー広告 |   |   |  page top ↑

no title

学習療法は、強く巻くことで、仙腸部を引き締め、仙腸関節を安定させる効果もあるのです。
そして、学習療法というのは、締める位置がはっきりわかりにくい場合が多いので、その時は、医師や整体師に聞いてみることです。
産後の開いた骨盤を引き締める場合、そして、骨盤体操を実行する時に学習療法を付ける際は、下端部が大転子に当たる位置に巻きつけるとよいでしょう。
そのため、確実に学習療法を正しく装着できるので、安心して使用することができます。
特に妊娠中に学習療法を身につける際などは、産科などの指導をしつかりと受け、正しい位置に装着するように努めなければなりません。
しかし、そうかと言って、学習療法をあまり強く締め付けすぎると、身体に負担がかかるので、その辺の加減は適度にすることです。
これは、学習療法で骨盤の下部を締め付けることで、妊娠後期に骨盤が開かないようにする効果があるからです。
スポンサーサイト
by ととみ  at 14:21 |  元気 |  comment (0)  |  trackback (0)  |  page top ↑
Comments
Comment Form
管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ととみ

Author:ととみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。